刹那主義にとって時間は大切なんです。
by higasia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
その日、その時が楽しければいい。
あの日あの時に戻りたいなんて思わないようにしたいね。

生きていれば色々あるけどさ。
カテゴリ
全体
ビジネスライク
お酒
マイファミリー
ショッピング
スポパラ
愚痴グチぐっちー
ヘルシー
movie
BOOKs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


パパさんバレーが人を覚醒させる?

ママさんバレーがあればパパさんバレーがあってもいい。

ということで私は3年ほど前からバレーボールを始めた。
近所のTさん夫婦からのお誘いで、運動不足解消にと週に2回汗水流している。

これくらいの年齢から始めるスポーツは他の楽しみも付いて回るのが常。

何かって?

そりゃ、汗を流せば水分補給も欠かせない。
それがスポーツドリンクなのかビールなのかは好き好きだろう。
勿論私は後者を選らんだ。(笑)

それだけではない。
スポーツを通して人との交流も出来る。
お陰でたくさんの仲間も作ることが出来た。

最初に声を掛けて頂いたT夫妻に感謝である。

ところが。

ある日、T男さんが悲しげに話しかけてきた。
「実は職場が移動になって、しばらくバレーには顔を出せないかもしれない」と。
新たな場所は車で30分ほど離れた程度だが、勤務時間が変則になるという。

「仕方ないよね、休みが合えば来て下さいよ」と返しておいた。

T男さんは47才。皆が栄転だと思っていた。

しばらく顔を出せずにいた彼だったが、9月頃から頻繁に参加されるようになっていた。てっきり職場にも慣れて多少は融通が利き始めていたのかと解釈してたが、どうやら実際は違っていた。

今夜の夕食時に家人がいう。

「T男さん、9月で会社辞めてたらしいよ」

正直驚いた。


何があったかは知る由もないが、その年齢での転職の辛さは本人だって理解しての決断だったろう。


今度機会があれば聞いてみようと思うが。
職場の人間関係、賃金の問題、変則勤務に因る体調不良etc…。
本当の理由は奥さんも知らないらしい。




“大好きなバレーが続けられないのはいたたまれない”

ひょっとしてこれが本音ではないのかな…とふと思った。
家族にとっては『まさか』だろうけど
ありえない話ではないと思う。

というわけでもないのだろうけど、最近の彼のプレーを見ていると生き生きと映る。
そう、この年齢で始めるスポーツはそれほど楽しい。


その辺りも含めて今度T男さんとゆっくり話してみようと思う。
[PR]
by higasia | 2005-10-27 23:58 | スポパラ
<< まだ胃がもたれてるんですけど。 お水とビールの狭間にあるもの。 >>