刹那主義にとって時間は大切なんです。
by higasia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
その日、その時が楽しければいい。
あの日あの時に戻りたいなんて思わないようにしたいね。

生きていれば色々あるけどさ。
カテゴリ
全体
ビジネスライク
お酒
マイファミリー
ショッピング
スポパラ
愚痴グチぐっちー
ヘルシー
movie
BOOKs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


いや、私だって猫が嫌いな訳じゃないさ。

某酒屋さん。
自動ドアが開いて入ると猫がドンと正面に座っていた。
何なんだ?
お勘定をする時にはレジスターの上に座っていた。
最近こういう店って多いよね。

昔、お腹が痛くなって(下痢ですよ、下痢)止むなく入った喫茶店でトイレから出て飲みたくもないコーヒーを飲んでると、置き物とばかり思っていた猫が動き出してドキッとしたことがあった。
「飲食店で猫を飼うか〜?」とぼやきながらも、入った動機が不純?だったのと2度とこないだろうという思いがあったから黙って出てきたことが思い起こされた。

そうかと思えば数年前。
越してきたばかりの事務所の近くで食事をしようと入った寿司屋。
カウンターが満席だったからテーブル席に落着くと、そこにはやっぱり猫がいた。
私達が座って驚いたのか慌てて調理場へ逃げていったのだが。
驚いたのは猫よりこちら。

「えっ?店で猫を飼ってるんですか?」
尋ねる私達に平然と女将は「はい、それが何か?」と返してきた。
一緒にいた後輩の《帰りましょ、こんな店》という言葉を遮ったのは、違った意味で興味をもったから。
一時間もしないうちにその店を後にしたが、結局その店は1ヶ月後にはテナント募集の貼り紙があった。(ま、当然だろう)

猫が嫌い、犬は好きだと言っているのではない。
こうみえても(どう見るのだ)私は幼少時代はたくさんの動物に囲まれて暮らしていたから、根っからの動物好きである。

が。

私生活と仕事を混合させてはいけない。(と思う)
小売業、ましてや飲食業など言語道断。
勘違いも甚だしい。



「社員旅行の日程が決まったら早めに教えてくれよ、ミ−ちゃんを預けなきゃなんないからな」といった、これも某クライアントの50代独身営業Iさん。
この人の方が、よほど弁えておられる。

「Iさん、普段は猫ちゃんと一緒に寝てたりするんですかぁ?」

「当たり前だろう、俺も一人、ミーちゃんも一人なんだから」

ちなみに彼はその会社で昨年のトップセールスマンである。
勿論、彼が客先にミーちゃんを連れて行くはずなどない。

本当に動物が好きな人はそっと2人?だけの逢瀬を楽しめばいいんだ。

ワンちゃんもネコちゃんも、そんな非常識な飼い主が思う程、出たがりじゃないんって。
[PR]
by HIGASIA | 2006-03-02 21:47 | 愚痴グチぐっちー
<< WBCと駒大苫小牧。 図書館での不快な思い。 >>