刹那主義にとって時間は大切なんです。
by higasia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
その日、その時が楽しければいい。
あの日あの時に戻りたいなんて思わないようにしたいね。

生きていれば色々あるけどさ。
カテゴリ
全体
ビジネスライク
お酒
マイファミリー
ショッピング
スポパラ
愚痴グチぐっちー
ヘルシー
movie
BOOKs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:愚痴グチぐっちー( 54 )

短髪決戦…なんだそりゃ。

WBC。
まさかアメリカが負けるとは…。
これで日本に運が回ってくるかもしれない。
短期決戦は、得てして運が大きく左右する事が多い。
楽しみになってきたぞ。

午後から仕事をサボって散髪していると、それまで音無しかった(当て字ですって)携帯電話が鳴り続けた。
マナーモードに切り替えたが、店を出ると15件もの着信履歴。
結局、1時間サボったせいで、3時間、余分な仕事が増えてしまった。
悪いことはできねーな。

事務所に戻ると
「短髪が似合いますよね、ヒガシ(私)さんは。」と山ちゃんが話しかけてきた。

「なんか、雰囲気が宇津井健に似てますよね?」と続く。

「は~?」

「や、山ちゃん?この前は俺のこと唐沢寿明似って言ってくれてなかったっけ?」

「えー?そうでしたっけね」

「…。」



お陰で、それからは無駄口もせず仕事に集中することが出来た。
気分は晴れぬままだったけど。。。
[PR]
by higasia | 2006-03-17 22:36 | 愚痴グチぐっちー

どうせ私は花粉症ですよ。

本日より発症。(急にくるもんなぁ‥)
お陰で日中も頭がボーっとして体全体がだるい。
この病気とは長く付き合っているが馴染めないなー。(当たり前か)
どなたか、よーく効く薬をご存じであれば教えてはくれまいか。。

先程久しぶりにA女史からメールが入った。
1週間ほどパリへ行っていたという。
彼女の母親は巷で有名なパティシエで、今回の旅行は母親の仕事に便乗したらしい。
羨ましい話だ。

《本場のチョコレートを買ってきましたからお楽しみに》とメッセージがあったけれど
それを私が口にできる確率は、かなり低い(笑)
気持ちだけ頂いておくことにしよう。

来週、沖縄へ旅立つという彼女は花粉症なんて無縁なんだろうな‥
これまた羨ましい話だこと。
[PR]
by higasia | 2006-03-09 13:14 | 愚痴グチぐっちー

いや、私だって猫が嫌いな訳じゃないさ。

某酒屋さん。
自動ドアが開いて入ると猫がドンと正面に座っていた。
何なんだ?
お勘定をする時にはレジスターの上に座っていた。
最近こういう店って多いよね。

昔、お腹が痛くなって(下痢ですよ、下痢)止むなく入った喫茶店でトイレから出て飲みたくもないコーヒーを飲んでると、置き物とばかり思っていた猫が動き出してドキッとしたことがあった。
「飲食店で猫を飼うか〜?」とぼやきながらも、入った動機が不純?だったのと2度とこないだろうという思いがあったから黙って出てきたことが思い起こされた。

そうかと思えば数年前。
越してきたばかりの事務所の近くで食事をしようと入った寿司屋。
カウンターが満席だったからテーブル席に落着くと、そこにはやっぱり猫がいた。
私達が座って驚いたのか慌てて調理場へ逃げていったのだが。
驚いたのは猫よりこちら。

「えっ?店で猫を飼ってるんですか?」
尋ねる私達に平然と女将は「はい、それが何か?」と返してきた。
一緒にいた後輩の《帰りましょ、こんな店》という言葉を遮ったのは、違った意味で興味をもったから。
一時間もしないうちにその店を後にしたが、結局その店は1ヶ月後にはテナント募集の貼り紙があった。(ま、当然だろう)

猫が嫌い、犬は好きだと言っているのではない。
こうみえても(どう見るのだ)私は幼少時代はたくさんの動物に囲まれて暮らしていたから、根っからの動物好きである。

が。

私生活と仕事を混合させてはいけない。(と思う)
小売業、ましてや飲食業など言語道断。
勘違いも甚だしい。



「社員旅行の日程が決まったら早めに教えてくれよ、ミ−ちゃんを預けなきゃなんないからな」といった、これも某クライアントの50代独身営業Iさん。
この人の方が、よほど弁えておられる。

「Iさん、普段は猫ちゃんと一緒に寝てたりするんですかぁ?」

「当たり前だろう、俺も一人、ミーちゃんも一人なんだから」

ちなみに彼はその会社で昨年のトップセールスマンである。
勿論、彼が客先にミーちゃんを連れて行くはずなどない。

本当に動物が好きな人はそっと2人?だけの逢瀬を楽しめばいいんだ。

ワンちゃんもネコちゃんも、そんな非常識な飼い主が思う程、出たがりじゃないんって。
[PR]
by HIGASIA | 2006-03-02 21:47 | 愚痴グチぐっちー

図書館での不快な思い。

久しぶりに県立図書館へ行く。
平日なのに駐車場は満車。
館内もたくさんの人で溢れている。(雨天の影響もありかな)

ちょっとノートに記帳したいことがあったから学習スペース求めて、ぐるりと回ってみたが席は空いていない。
机の上でイビキを掻いて寝ている奴(数人いた)を叩き起こしたくなる衝動に駆られたが、何とか抑えて新聞コーナーへ。

昨日のサッカーの記事を読みたくてスポーツ紙を探すも、衣服の汚れた中高年のオジサマが新聞を開いたまま、これまた寝てらっしゃる。

時間潰しに○○新潮を座って読んでると、隣に座っているオバサマが借りてきたばかりの雑誌に赤ボールペンでアンダーラインを付け始めた。

おい、おい!

この行き場の無い怒りの処置法が見付からなかったから、早々に退館することにした。

図書館だから誰が出入りしてもいいんでしょうけど、だからって好き勝手にして構わないんだと勘違いしている方、多くないですかね…。
[PR]
by higasia | 2006-03-01 23:53 | 愚痴グチぐっちー

何が脳年齢だ。

任天堂DSの脳年齢を測定するゲームをやってみた。(かなり遅れてます…笑)

「グ、グーッ!」
「パーだって!」
「こんな四字熟語あったっけ?」
「そんなの憶えてないって!」
「えっ……?」
  :
と悪戦苦闘。。

結果は『40才』と出た。
ほぼ実年齢だったのでホッとしていると
隣で含み笑いをする後輩がこちらを覗いている。

「ところで君は(38才の後輩)どうだったんだ?」と聞くと
「僕は25才って出ました。」
「…。」

「先輩、あんな大声ださなくても、もっと小さな声で感知しまから大丈夫ですよ」
といいながら、彼は私の唾で汚れた画面を拭きながら片付け始めた。
《所詮ゲームですから、気にしないでくださいよ》といった類いの言葉を期待していた私は椅子から転げ落ちそうになるのを食い止めるのに必死であった。


ふん!何が脳年齢だ、ったく。

とボヤキながらも、CMで58才と測定されていた松島菜々子よりは若いんだから良しとするかと勝手にプラス志向を決め込んでいる私であった。

10月に控えている『宅建』の試験。
ちょっと不安になってきたな…。。。
[PR]
by higasia | 2006-02-25 14:33 | 愚痴グチぐっちー

ストレスを溜めぬよう。

折角の日曜なのに仕事である。
忙しいからではなく、クライアントの我が儘のおかげである。
形になるかどうかもわからない仕事だけに、今一つ気力が湧いてこない。
とはいえ立ち止まることが許されないだけに、ストレスが発生してくる。
こんな時は、グダグダやってると余計疲れるから、さっさとやって早めに切り上げることにしよう。

しかし、ラージヒルの葛西と岡部は残念だったたな‥。
知らぬ間に世界の壁は厚くなっていた気がした。
[PR]
by higasia | 2006-02-19 10:18 | 愚痴グチぐっちー

時間泥棒!

こう見えても(どう見るのかな?)私は時間には几帳面な性格である。
余程のことがない限り待ち合わせの時間に遅れる事などないし、遅れそうであれば電話でその旨を伝える。
別にたいした事ではない。
社会人であれば当然のことである。

ところが私のクライアントには時間にルーズ方が多い。
時間に遅れようが、人を待たせようが鷹揚としてらっしゃる。
そんな方に限って大手のクライアントばかりだから始末に終えない。

一日24時間は誰もが平等に与えられた大切な時間。
それをどういう感覚で使うのかは自由だと思うが、人の時間を狂わせる行為だけは止めてもらいたい。

昨夜待ち惚けをくって打ち合わせが出来なかったところへ、今夜もう一度行かなければ
ならないと思うとついつい愚痴も出てきますわな。
[PR]
by higasia | 2006-01-17 13:00 | 愚痴グチぐっちー

どうせ老け顔ですよ。

クライアントの紹介で、とある病院の仕事を受け持つことになった。
年末に伺っていたから今日は2度目の打ち合わせ。
担当は院長。
見た目は若くみえるが、だいたい同世代だろうと思い、話のついでに
聞いてみた。
「院長はお幾つでらっしゃいますか?」

「丁度40になりました。ところでヒガシさんは?」

「院長と変わりませんよ41ですから」と答えると彼の目が2倍ほどに大きくなった。

「えっ!!! よ、41才ですかっ!?」

どうやら彼は私を40代後半だと思っていたらしく、僅か一つ違いと知って驚きを隠せなかったようだ。

確かに昔から老け顔に見られてきたけど、この年で10も老けて見られるのは辛いを通り越えて悲しい。

『ヒガシさんは落着いてるから大人っぽく見えるんですよ』
今まで何度も耳にした台詞。
年上に見られて落ち込む私への同情の弁である。
しかし20代、30代ならまだしも40になって大人っぽくもなかろう。

大人気なく気を落としている私に
「でもヒガシさんて営業うまいですよね。押したり引いたり笑わせたりでトークが絶妙だな。中々いませんよね。」と院長。

「いやぁ〜、そうでもないっすよ」と言いながらも悪い気はしない。(というか気分よかとです)
打ち合わせを終えて車に乗り込む時には、老け顔の事なんか忘れてましたもん。

まてよ。
《なんて単細胞な奴なんだ》と私を今頃笑ってるんじゃないだろうな、あの院長。


最近の若いやつは何を考えているかわからんからな…。
て、あれ…?
 
[PR]
by higasia | 2006-01-10 14:30 | 愚痴グチぐっちー

傍若無人。

混合う時間帯だと分っていて一人でテーブルにふんぞり返るオヤジ。
満席の店の中、気にせずタバコの煙りを機関車のごとく吐きまくるオヤジ。
全く常識知らずの大馬鹿野郎だが2人とも50過ぎくらいのオヤジだからさらに驚く。

付け加えておくが、その店も悪い。
6人席に一人座らせておいて、後から来店してきた5人のお客に満席だからと断っている呑気な店員。
当たり前のようにテーブルに灰皿を置いて時間帯も関係なく店内をフリーに喫煙させている店の体質。
全く持って理解できない。
という訳で昨日の昼は美味しい蕎麦ではなく不快な気分を味う羽目になってしまった。

モラルが欠如しているのは決して若者だけの問題ではないようだ。。。
[PR]
by higasia | 2005-12-07 10:40 | 愚痴グチぐっちー

月曜の朝。

月曜の朝は相変わらず気だるい。
雲が空一面に垂れ込めているこんな日は尚更だ。

ささやかな楽しみは新聞のスポーツ欄を読むこと。

パ・リーグの優勝決定戦はソフトバンクが勝ってこれでタイか、面白くなってきた。

大リーグのwソックスの井口はどうだ?
4タコながら死球で貢献?
まぁ、ヨシとするか。

ゴルフの日本オープンは?
あ、そうだった。
片山晋吾が優勝したんだった…。
私はどうしてもこの人が好きになれないんだな…。
とりあえず口元の締りがなくて(よく舌をペロペロ嘗め回す癖を持っている)
みっともない。

女子は…
また不動かぁ。
強いなー。
宮里藍は出だし良かったけど途中で集中力が切れてしまったようだった。

おっとイカン。
そろそろ出勤の時間だ。
この鉛色の空を見てると中々やる気が出てこないのは私だけじゃないですよね。。。
[PR]
by higasia | 2005-10-17 08:30 | 愚痴グチぐっちー