刹那主義にとって時間は大切なんです。
by higasia
その日、その時が楽しければいい。
あの日あの時に戻りたいなんて思わないようにしたいね。

生きていれば色々あるけどさ。
カテゴリ
全体
ビジネスライク
お酒
マイファミリー
ショッピング
スポパラ
愚痴グチぐっちー
ヘルシー
movie
BOOKs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

酔ってメールは禁物でしたよね。

彼女とは酔ってメールをしない約束だった。
でもそんな事わかりはしない。

てことで私は酔っています。
先ほどまで彼女にメールを送っていました。

ヤナに鮎を食べに行く予定を聞きたくて(もちろん3人で)メールしたのだけれど
R子の都合がわからず、いまだ未定。
A子と二人ならすぐ決まって楽しいはずなんだけれど、そうはいかない。

本当はヤナなんてどうでもいいんだ。

明日は花火大会。
天気が不安定の模様。

A子と一緒に見れない花火なんて雨で中止になればいい。

あーなんて心の狭い男になってしまったのだろう。。。
[PR]
by higasia | 2005-07-29 23:37

花火の約束。

今週の土曜(明後日)は花火大会。
ずっと前にA子とR子と浴衣で花火見物するとか、しないとか話をしていたのを思い出し(忘れるはずなかったけど)昨日、A子に聞いてみた。

「えっ?私、友達と近くのお店で食事しながら花火見る約束してあるよ」
「…R子は?」
「彼女は土曜日、お休みです」
「…あっ、そう。」

まあ、わかってはいましたけどね。
でもせめて
「でしたよね?私もどうするか気になってなんですけどヒガシさんから何の連絡もなかったから…ごめんなさい。」
て返答だと印象が違うんですけどねぇ。。。

仕方なく、恒例の親戚を招いて飲みながらの花火見物となりました。

私、花火が大好きです。
隣に彼女がいてくれたら、もうこの夏は何もいりません。

て、何を考えてるのやら。。。。。
[PR]
by higasia | 2005-07-28 22:57

人を好きになるという感覚。

相手は取引先の社員。
しかも年齢は22歳。親子ほど違う。
勿論、最初はそんな感情なんて、これっぽっちも無かった。
いつからだろう?彼女が私の頭の中から離れなくなったのは…。

時々食事をするようになった。
二人きりではない、そのA子にR子と私で三人で。
一番年下のA子はいつもおとなしい。
決して嫌々付き合っているわけではないようだ。
こちらから話しかければ、答えてくるし何よりメールの中の彼女はいつも饒舌だった。
きっと私に限らず面と向かって話せない分、メールで挽回していたのだと思う。

ある日思い切って二人をドライブに誘ってみた。
行き先は京都。
三人だったから安心だったのだろう、二つ返事だった。
私服姿の彼女は、いつもより尚更若く見えた。
「どういう関係に見られるだろうか?」と聞くと
29歳のR子は気を使って「何とか兄妹かな?」と笑って言い、A子ははっきりと「親子でしょう」とこれまた笑って言った。
18才も違えば、当たり前なんだけど内心はショックだった。

折角、京都に来たのだからと昼は有名な豆腐料理店で昼食をとった。
一品づつ料理をデジカメで写真を撮っていたA子、私とR子は正直豆腐づくしにうんざりしていた。
途中、R子がトイレに席をたった時に私は何気なく彼女に話しかけてみた。

「今度はA子と二人でドライブでもするかぁ?嫌だよなー?」もちろん最後の言葉は照れ隠し。
意外な返事が返ってきた。
「そんなことして、一番こまるのはヒガシさん(私のこと)でしょ?」
その時の自身のリアクションは覚えていない。

帰りに滋賀県山東町の“ほたるまつり”に寄った。
A子が去年友人ときた時に、物凄いほたるの数に感動したらしい。
だが今年はさっぱりだった。

その時私の脳裏にひとつの思いが駆け巡った。
≪そうだ、今度ここにA子を誘って来よう≫と。

結論からいうと、この夢は叶わなかった。
土壇場になって彼女はR子にも声をかけたからだ。結局、天候も悪かったからほたる見物はやめて三人で食事となった。
後になってわかったのだが、人見知りをするらしい彼女は私なんかと二人きりになるということが到底できなかったようだ。

それは後日彼女を夕食に誘った時にわかった。
この日も直前までは、そのつもりだったのに突然彼女からのメールで断りが入ってきたのだ。

「すみませんが、私はお話が下手なので二人でいてもつまらないと思います。今日の食事会は見送らせてください。」

それ以来、三人での食事会も途絶えた。



そんな彼女は来月その会社を退社する。(前から聞いていたことだけど)
そうなれば、ほぼ永遠に彼女と顔を会わす機会はなくなるだろう。

彼女に私の気持ちを伝えるべきか…。
いや迷惑をかけるだけだろう。

ただこのまま何事もなかったように別れていくのもしのびない。
どうしたらいい…。
いい年をして恥ずかしいが、人を好きになるという感覚自体が久しぶりなだけに対処法が見つからない。

『送別会でもしようか。』というメールに了解メールが彼女から届いた。
勿論、その言葉の中には “みんなでね!”という暗黙の条件があることも、十分にわかってはいるけれどね。

あと何日だろう、彼女の顔を見れるのは。
彼女の声が聞けるのは。
彼女とメールで出来るのは。
[PR]
by higasia | 2005-07-26 00:20

疲れたなんて、言いたくないけれど。

今朝は町内の草刈と自宅の南側の草取りでほとほと疲れてしまった。
2.5ℓほどの汗を掻いたので、ビールで水分補給。(ゲッ!まだ午前10時前だ)
ほろ酔い気分に任せて一日ぐったりと過ごしたいところだが、唯一の休みを子供達は見逃してはくれない。

仕方なく、午後から市民プールへ。
偶然、会社の山ちゃんと会い雑談していると自然と話題が仕事の話へ。

「山ちゃん、休日のしかもこんな場所で仕事の話はよそうか。」
「ですよね、じゃ失礼しまーす。」

子供達は疲れを知らない。
家路を走る車の中で三男が「この後キャッチボールしてくれるよね?」だって。

丁重にお断りさせて頂いたつもりでいたが、彼は食い下がって同じ言葉を5回ほど
連射してきておりました。

週に一度の休みではここまでが限度です、ごめん。
[PR]
by higasia | 2005-07-24 18:41 | マイファミリー

暑い夏が好きだったはずなのに…。

いつからだろう?今年からかなぁー、夏がつまらなく思えてきたのは。

海、水着、すいか、花火、浴衣、ビール…そして恋。
気温とともに体がヒートアップしていたのに、今は燻ってもこないや。

海?行かない。
水着?何それ。
すいか?あまり食べない。
花火?家から見ます。
浴衣?誰の?
ビール?はい、大好きです。
恋? えっ、鯉?

ビールだけの夏なんて、つまるはずがない。

取引先のA女史と浴衣姿で花火を見れたらなーなんて夢見てたりしてましたけど
木っ端微塵となった今、なーんも楽しいことなんてありゃしません。

でもRide on timeならまだ良いけど♪さーよーならー夏の日〜♪だけは
まだ聞きたくないっ!(by山下達郎)

あー若さを取り戻したいな〜。。。
[PR]
by higasia | 2005-07-22 19:27 | 愚痴グチぐっちー

不可解なラジオ体操。

今日から夏休みが始まった。
この時期になると、どうしても解せないことがある。

あの『ラジオ体操』だ。
日本人は余程この体操が好きとみえる。

戦争を知らない私なので誤解だと思うのですが、これって戦時中に軍隊が始めた運動ではないでしょうね?
そういえば我々が小学生の頃、記録会の種目の大半が戦争に起因することだと聞いて驚いたことを思い出した。

ソフトボール投げ=手榴弾(爆弾)投げ
懸垂=岩場を駆け抜ける為の腕力だったか?

その他にも色々言われたが、今は覚えていない。(真偽のほどは定かでありませんが)

まさかラジオ体操までが、それらと関連するのであれば呆れるばかりである。
確かに全身を使うという意味では準備(整理)運動にはなるのかもしれないが、現代のスポーツ医学の観点から見ると、推奨されるとは到底思えないのだ。

大体世界の(日本でもいい)アスリート達が、この体操をしているところを見たことあります?
てことは、はっきりいって意味の無いナンセンスな代物ではないのでしょうか。

それを、夏休みに子供を早起きさせてやらせているのが不思議でならない。
いつまで続けさせるのだろうか?
誰も止めることができないんだな…。

こうなったら教育テレビに出ていた歴代のおねえさん、おにいさんを全国に派遣させて、現代風の体操を広めていってもらうしかないか。
こんなのも文部省の許可がいったりするんだろうね…。

全校生徒が運動場でラジオ体操やっているのを見ると、北朝鮮のマスゲームとなんら変わらず見えてくるのは私だけ?
[PR]
by higasia | 2005-07-21 22:52

プールとビール。

昨日は今年初めてのプールへ行ってまいりました。
だって最高気温が35℃でっせ。あまりの暑さに倒れそうになりましたですよ、はい。
留守番の三男と近くの市民プールへ。
予想通りの人、人、人。
まぁ、水に浸かれればそれでよかったから気にせずダイブ!
流れるプールで浮き輪に体を預けてプラプラしておりました。(お陰で背中はヤケド状態)

息子が飽き始めた頃に、偶然兄貴と遭遇。(ラッキー!)
一緒にいた子供同士で遊ばせることができたから楽できてよかった~。

しかし子供達って放っておいたら何時間でも水に浸かってられるんだね。
兄貴たちの子供は10時から泳いでるといってたから5時間も経とうとしてるのに、全く帰る素振りすらみせてないもんなー。

こちらときたら、早く上がって冷えたビールでプシュっとしたいばかりだというのに…。
プールサイドで数人の同級生を見かけたけど、やはりみんな年くって老けてたなぁ。
(勿論、向こうにもそう映ってたろうけど)

鏡に映った自分の腹部を見て『何じゃ、こりゃ!』って松田優作みたいに叫びそうになるし。
そりゃそうだ、楽しみがビールときたら、それ以外の何者でもないよな。

その夜は兄貴の家でお約束通りしっかりビールを飲んでいる私でありました。(トホホ)
[PR]
by higasia | 2005-07-20 00:16 | マイファミリー

何なんだ!?

先月、体重が一挙に6キロ減って回りの人から驚かれた。 どこか体が悪いのだろうかと不安になった。
昨日久しぶりに計ったら元の体重に戻っていてまた驚いた。 この間、体に合わせて買ったスーツ2着とジーンズ1本。
今はこれがどうなるのか不安で仕方がない…。 しかし、どうしてしまったんだ? 未だに原因がわからない(・・?)
[PR]
by higasia | 2005-07-16 12:34

急に暇になってしまったぞ。。。

ある取引先から しばらく発注を止めるという話があった。
正直私は嬉しかった。これで普通の男の子に戻れると(笑)
こちらとは15年のお付き合いだが(長っ)、とにかく振り回されてばかりだった。
夜だろうが休日だろうが構わず呼び出しがある。納期も予算も無理難題ばかり。

回りの人に何で続けているのだとよく言われる。もっともな質問だ。
きれいな言い方をすれば、こんな仕事俺しかできないだろうという少し歪んだ責任感。
本音を言えば、仕事の絶対量があるから数字としては計算できるといったところか。

ただ、今までそこで費やしていた時間があまりに長かったから付き合いが途絶えると時間を持て余してしかたがない。
それにまてよ、ここの数字が見込めないということは、、、まずいなー。
どこか替わりの数字をつくってこなきゃなー。

関係者は「発注を止めるといったって少しの間だよ。すぐ呼び出しの電話が入るさ」と脅かしてくる。
数字はほしいが仕事はしたくない。。。
さりとて、そこにいるA・R女史との食事会も続けたいしな…。
そんな都合の良いことなどあるわけないよね。

心中、複雑だぁ。
[PR]
by higasia | 2005-07-15 19:42 | ビジネスライク

このままだと日本語ビミョーにやばくね?!

【やばい】おいしい。かっこいい。
 例:「あそこのランチやばくない?」「マジやばだよ〜」
   「いつまでたってもキムタクって超やばいよねっ!」

【うざい】面倒くさいなど不快感を表すことば。
 例:「テスト勉強なんてうざいよ」
   「うぜ〜よ、ついてくんなっつーの!」

こんな日本語になってきているらしい。(文化世論調査で)

この『やばい』って言葉を50代の方でも10%使うと聞いて、私脊髄を一部痛めました。(驚!)

金田一春彦氏が聞いたらさぞかしお嘆きになられそうだ。

息子達が家の中でも連発している。
「うざっ!」「やべっ!」
聞いていていい気はしないが、その場で叱りつけたとしても改められることではないだろうと
あきらめる。

そういえば、昨晩家人とテレビを見ていた時のこと(お笑い芸人が出てたな…)
テレビに集中している彼女がふと「○○…ハハッ!すご〜い!… うわぁーうざっ!」

「…って、おい!」

やはり子供達だけを責めることは出来ないな。
[PR]
by higasia | 2005-07-14 08:18