刹那主義にとって時間は大切なんです。
by higasia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
その日、その時が楽しければいい。
あの日あの時に戻りたいなんて思わないようにしたいね。

生きていれば色々あるけどさ。
カテゴリ
全体
ビジネスライク
お酒
マイファミリー
ショッピング
スポパラ
愚痴グチぐっちー
ヘルシー
movie
BOOKs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

男泣き。

スポーツ観戦が大好きな私は今世界バレーに釘付けである。
自身バレーボールをやっているせいか、見ていていつもより力が入る場面が多い。
実力からみると“女高男低”というイメージ強かった日本だったが何の何の今回は男子も大健闘している。
まさか二次リーグ進出するとは思ってもなかったし、ベスト8が決まったチュニジア戦は息も抜けぬ好試合であった。
フルセットでの大逆転勝利に、選手も観客もテレビの前の私達も皆で喜びを共感できた素晴らしい試合だった。

だがテレビカメラは監督の泣き顔をとらえた瞬間、私は興醒めしてしまった。

まただ…。


今年のプロ野球がそうであった。
リーグ優勝を決めた試合で中日落合監督は勝利を決めた大砲のホームランに抱き合って喜びベンチに戻ると流れる涙をタオルで拭っていた。
試合後、お立ち台での涙のインタビューシーンは記憶に新しい。

中日ファンの私は勝利に喜びながらも、この時点で日本一は諦めた。
この時点での指揮官の涙は選手の戦意を喪失させるには申し分なかったといえよう。
案の定、日本シリーズでの中日はペナントレースでは考えられないような腑甲斐無い試合を繰り返して負けてしまったが、この敗退の責任は指揮官の涙にあると私は思っている。

バレーの植田監督はベスト8で、中日の落合監督はセ・リーグ制覇で満足してしまったから公然の男泣きとなった訳で、彼等の目標がもう少し先にあれば、そんな姿を見せられる筈がない。
残念だがバレーも、これ以上の戦いは期待出来そうもないだろう。
(私はもう勝てないと践んでいる)

男の涙は最後までとっておけばいいのだし
もっというなら人前で見せる必要もないと思う。



でもスポーツ好きな私は今夜も試合は観ますがね。
勿論勝つ事を願って。

そろそろ録画を頼んでおかないと。。。
[PR]
by HIGASIA | 2006-11-28 17:59 | スポパラ

40の手習い。

されて困る質問のひとつ。
「趣味は何ですか?」

お見合いじゃないんだから。
と思うが、悲しいかな人と接する仕事をしていると、そんな質問も時々受けますわな。

でもね。
凡人以下の私には人が納得してもらえそうな“趣味”なんてものは持ち合わせてないのですよ。
大体1日24時間のうち13時間ほど仕事をし、睡眠時間の6時間と雑多な時間を引いた残りの数時間なんてのは酒飲んでるか、本読んでるかくらいしかない訳で。
でもさすがに飲酒が趣味ってのも可笑しいし、読書ってのも何か情けないでしょ?

いっその事パチンコや競馬なんて方が男らしく聞こえてきそうだけど、残念ながらギャンブルにも興味がないときている。
【無趣味】なんて情けなくて言えないしなぁーと思っていたんですけどね。

ある日こう言ってみた。
「趣味と言えるかどうかわからないですけど、ブログやってるんです。」

これ意外と驚かれたりする。
不思議と私の回りでブログやっている人が少ないようで、時には矢継ぎ早の質問攻撃に合うことがある。
中にはアドレスを聞いてくる方もいたりするが、マトモなこと書いてないから教えられる筈もない。
適当な理由で誤魔化す事が多い。

でも趣味をブログで綴る人はいても、ブログそのものを“趣味”というのも
何か変だぞ!?


こうなりゃ40の手習いで何か始めるという手もあるな。
なにがいい?
ん…。。

ま、とりあえず何か見つかるまでは
「利き酒です」とでもいっておこ。
[PR]
by HIGASIA | 2006-11-21 21:10

近況。

■バレー男子界の(スーパーエース?)山本が、サッカーの柳沢と重なって見えてくるのは私だけだろうか…。どちらも本番に力を出せず腐っていくタイプ?に映るんですけど。

■先日A子さんの就職祝いをいつものメンバーでやった。
一級建築士の試験が終わり、慌てて就職活動を始めた彼女に、とある工務店を紹介してあげたのだが、双方から喜んでもらって私自身気分が良かったり。
ただ、しばらく彼女達とは会わないだろうな…と帰り際にふと思ったけど。

■某クライアントと揉めた。
客だから我儘が許されると勘違いしている輩が多いのは今に始まったことじゃない。
が、今回は相手の度が過ぎた。
「ヒガシさん(私)くらいですね、あの方にそんなこと言えるのは」別の担当者。
「ただ、このままだと、うちとの取引終わってしまいませんか?」と続いた。

「…ですよね。」

■半年前の次男の酷いテスト結果(下から2番目)を見て、これまた慌てて近くの塾へ通わせることにしたのだが、半年振りのテスト結果は前回よりも下回ったという現実をどう対処してよいのかわからない私。
この点数は2科目の合計だといいのだが、やはり5科目計なんだな。。
[PR]
by higasia | 2006-11-19 11:03

スポーツの秋。

ここ数日マイブログのページが開けられず記事もコメントも出せず焦っておりました。
ようやく戻ったみたいでホッとしております。


先日の日曜は市主催の一般男子バレーボール大会が行われ
我が中年チームが見事?優勝してしまったのであります。
いやぁ〜実に気分がいいです。
…?

と言いたいところですが、実情を申し上げると。
参加チームが揃わず出場チームは私達を含めて2チーム。

そうなんです。
2チームということは試合数は一試合のみ。
勝てば優勝、負けても準優勝ということになるわけです。
で接戦の末、その一試合をモノにしたというだけなのですが。
しかも相手チームには半分女性というハンディ付きで…。

まぁそれでも優勝は優勝!
堂々と胸を張って帰って参りました。
もちろん子供達には「優勝したぞ〜!」と思いきり自慢。

※さすがに祝勝会と称した夜の飲み会はパスさせてもらいましたがね。
[PR]
by higasia | 2006-11-14 07:58 | スポパラ

腑に落ちないな…。

徴収金未納で鹿児島県内小・中学校 担任に「取り立て競争」も 

 県内の小、中学校で給食費など徴収金の未納家庭に対し、担任教師が職場を訪問して徴収したり、“取り立て”を競わせる学校があったことが、県教職員組合の調査で明らかになった。未納がいじめの原因になった事例もあり、県教組は鹿児島市で4日から開かれた県教育研究集会で報告。調査結果を40年ぶりとなる「教育白書」にまとめる方針だ。
 調査は小、中学校の教職員と保護者に対し8‐9月に無記名で実施。徴収金未納などについて教職員1340人、保護者779人から回答を得た。

 徴収金の未納があると答えたのは、学級担任教諭957人中、399人(約42%)。うち83人の教諭が自分で立て替え、132人は督促などを行っていた。190人が未収金のままだった(重複回答)。

 督促の方法はほとんどが電話や文書だが、中には家庭、職場への訪問も。「卒業アルバムと引き換え」として、結局アルバムを渡さなかった例や、管理職が「回収できなかったら担任の責任」と発言したり、職員室の黒板に学級ごとの徴収金残高を書き出し、担任に“取り立て”を競わせたりした例もあったという。

 未納が原因で、子どもが「食い逃げ」「給食泥棒」などといじめられたという指摘もあった。

 また教職員の80%以上が「保護者の経済力が子どもの学力格差に影響している」、保護者の約60%が「教育費を負担」と感じていると回答した。

 県教組は「この生の声を通じて教育予算の増額、保護者負担の軽減を訴えていきたい」と話している。


教師(学校)側だけの問題ではない。
取り立てを競わせる事はどうかと思うが、そうしざるを得ないところまで
きてしまったのは、保護者側の責任も十分にあるでしょう?

「教育費が負担」と嘆いている?60%の保護者にお聞きするが、まさか給食費を未納にした状態で塾へ通わせたり、決して安くないユニホームを与えて野球、サッカーなどに精を出したりはしてませんか?
順序が逆ですよ。
保護者の方々?
パチンコ、競馬等の博打事に熱を上げたり、3ナンバークラスの車を揃えてらっしゃるなんてありえませんよね?
使い道間違えてますよ。


ただ確かに「無い袖は振れぬ」と窮している家庭が存在しているのも事実。

でもね。
「給食泥棒」「食い逃げ」などと虐められている子供達がいること、
「保護者の経済力が子どもの学力格差に影響している」と思われている実情から目を背けることをしてはいけないと思うのです。

親としては絶対に。

小中学生は無力です。
もちろん何の罪もありません。



あぁ、何だか書いているうちに支離滅裂になってしまった。
反省…。
[PR]
by higasia | 2006-11-11 17:30

私は今何時だろう…?

前の会社(T社)の先輩だったKさんからが届いたメールはT社のOB忘年会の案内だった。
そこにはこんな文章が添えてあった。

『PM3:30を少し回ったあたり』
ゴシック体の大きな見出しの隣には3:30を示した時計の写真が貼ってある。


「人生時計」って知ってますか?
人生を80年として、一日24時間に換算します。
オギャーと生まれた時が午前0:00、天寿を全うして死ぬ時を深夜12:00とします。20歳が朝6:00、ボチボチ目が覚めて、30歳が朝9:00、だいぶ頭もはっきりしてきて、人生の折り返し、40歳が正午。そして50歳は午後の一服タイム。60歳が午後6:00で、80歳の深夜12:00にゆっくりと眠りにつくわけです。
こんな風に考えると、朝起きて午前から午後にかけて一生懸命働いて、さあ、もうひと頑張りしなければならない午後3:00頃に我々もさしかかったわけです。
ここらで一服しようではありませんか



OB会はKさんを始め50歳前半の方が多いが私はまだ40前半なので午後1:00といったところだろうか。
いや待てよ?
俺みたいな不健康の塊人間が80まで生きられる筈がない。
てことは、午後1時どころか、辺りが暗くなっている時間帯に差し掛かっている可能性の方が高そうだ。

しかし、一生をこう例えると改めて一人の人生の短さ、儚さを感じて物悲しい。
砂時計の砂が止むことなく落ち続けているかと思うと例えようのない焦燥感すら湧いてくる。
たかだか忘年会の案内メールで気分まで落ち込んでいる自分が情けなくもあるが、何か吹っ切れた感じもする。

言い訳を重ねては断り続けていた会だったが、今年は参加させてもらう事にした。
皆といつまで時間を共有出来るかわからない。
ならば顔を出しておこうかと。
[PR]
by higasia | 2006-11-06 18:20

色々…。

■しばらくお酒を遠ざけていたのに、焼肉の誘惑に負けてしまい、一杯が二杯になり二杯が…
てな感じでここ数日の摂生が無意味となってしまった。はぁ。。

■食事会の日程を決めようと思い、Aさんに都合をメールで聞いてみるも一向に返信がない。
再送信するのも癪だったから放っておいたら49時間後にようやく返信があった。
「そりゃないだろう」と問い詰めると『まる2日風邪で寝込んでました』って。
「ごめん、そりゃお大事に」
確かに二日ブログの更新してなかったもんな…。

だけど昨日送った仕事の重要メールに何の応答もないTだけは許さん!
貴様のお陰で明日は仕事になるし、下請けの段取りまでくるわされるわで散々だったんだぞ!

■最近の休日は特別やることもないので只管本読み。
気が付いたら収納に収まりきらなくなってきた。
久しぶりに出た京極夏彦氏の「邪魅のしずく」は読み応え十分でした。(817ページ)
ちなみに今、読み始めているのは麻生幾氏の「瀕死のライオン」(上下)
「そんな暇あるならどこかへ連れて行け」と同居人に言われるのも時間の問題か。。。

■しかし。
スポーツ選手がバラエティー番組に出始めると、だいたい成績が下降していきますわな。
それがわかってるのに出したがる奴、出たがる奴がいる。
我々スポーツファンはそんな絵など何の興味もないのだけど。

女子バレーも大丈夫かぁ?
[PR]
by higasia | 2006-11-03 10:54