刹那主義にとって時間は大切なんです。
by higasia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
その日、その時が楽しければいい。
あの日あの時に戻りたいなんて思わないようにしたいね。

生きていれば色々あるけどさ。
カテゴリ
全体
ビジネスライク
お酒
マイファミリー
ショッピング
スポパラ
愚痴グチぐっちー
ヘルシー
movie
BOOKs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

風が吹いてきたような‥?

韓国は吉方だったのか、帰国してから絶不調だった仕事も
徐々に忙しくなってきた。
開き直って行った甲斐があったというものだ。
やはり仕事が軌道に乗らないと何をやっても張合いがない。
しばらくは、“お客様は神様です”の精神で
気持を入れ替えて取り組んで行こうと思う。
[PR]
by higasia | 2007-09-27 18:48 | ビジネスライク

「本当に宅建受けるつもり?」

あー受けるともさ。

来月に迫った宅建試験に向けて
気合いを入れるつもりで
今月から禁酒禁煙にチャレンジしようかと思っていたが、
依存症の私にそんな大それたことが出来る筈もなく。

自慢じゃないが、韓国では一日中飲んでたしな。
(カジノはドリンクフリーだからエンドレスに飲んでたし‥)

気がつきゃ今月も残りわずか
試験まで一ヶ月を切ってしまった。

毎朝、「今日こそは!」と意気込んでスタートするも
仕事だ、付合いだ、眠たいだと
言い訳を列べ尽しているばかりで何の進展もなし。
そんな学習能力のない人間にまともな学習など出来る訳ないか‥。


いや。
ここまできて焦っても仕方がない。
こうなったら得意の『三日前ロケットスタート』で
打破するしか手はないとみた。

好きな言葉じゃないけど
今は頑張るしかない。
[PR]
by higasia | 2007-09-21 18:29 | 愚痴グチぐっちー

行って来ました韓国。

クライアントである飲食店U社の慰安旅行に同行させて頂く形で、社員5人と会計士のSさん、店舗清掃業オーナーのNさんと私の計8人。


【大食い選手権かと思った‥。】
旅行の目的はグルメ一本とあって観光そっちのけで食べ捲ってきました。
U社の社長と2人の店長の大食ぶりは想像以上で、夕食だけで4軒梯子
(これでけでも信じられないのだが)
どの店でも普通に人数分の量をオーダーし、辛いだ甘いだと言いながらぺロッと平らげてしまう。
日本人は小食の人が多いと思ってみえたガイドの権さんも目が点になっておりました。

「あなたたちの胃袋どうなってるー?」
ホントそう思います。

【ショッピングならばここ‥。】
巨大総合市場の南大門(ナンデムン)の店や人の多さに圧倒され、片言の日本語で懸命に売込みにくる店員(腕を掴んでくる人もいる)に辟易していたけれど2日目には慣れてマイペースで買い物を楽しむ事が出来た。

「お客さーん、時計どうですかー」
そんなこと、ほっトケイ!

【夜はやっぱりカジノですか‥。】
あそこは病みつきになります、ほんと。
私はラッキーなことにポーカーで計200万ウォンほど儲けることが出来ました。
そういえばNさんは100万ウォン負けて元気なかったな‥。

「今日の食事代は私が全部もちます!」
何?皆さん。その当然でしょといった顔は。

【「韓国の女性は綺麗な人が多い」とよく聞くけど‥。】
そういえば滞在した明洞は日本でいえば原宿のような街だったが、すれ違う女性達はスタイルもよく美しい方が多かった。
カジノのディーラーも大半が女性だったが、皆20代前半で、これまた美女揃い。私はカードよりもディーラーにばかり視線がいっておりましたです(笑)

「down?」
えぇ、すっかりあなたに。
e0006704_14394986.jpg


















終わってしまえば、あっという間の3日間。
最初はお断りするつもりでいた。
今までの私なら100%行かなかったと思う。

「ヒガシさん(私)、高々3日くらいどうってことないって」
と誘って頂いたS社長。
部屋では色々な話しを聞かせて頂いた。
倒産寸前の苦しい時から、頑張って立ち直してこられた時の苦労話を聞いていたら
何故だか涙が溢れそうになってきた。

『諦めることなく頑張ってきたから、ここまで来れたんだと思う』
含蓄がある。

色んな意味で充実した旅行であったように思う。




[PR]
by higasia | 2007-09-18 09:45

アンニョンハセヨ。

仕事の方も少し波に乗りかけてきたところだけに
来週の韓国旅行を控えて正直憂鬱になってきた。
クライアントに同行といっても、今回は慰安旅行に呼ばれた
だけだから、100%サイトシーンなのである。
尊敬するS社長からのお誘いでなかったらお断りしているところだが…

まぁどうせ行くなら楽しまなきゃ損だと気持を切り替えることにしよう。

ところ“自由行動”としか記していないスケジュール表。
女遊びも博打も興味の無く、今回は女性も一緒だからゴルフもしないと
言ってみえたS社長の顔を思い浮かべながら
「韓国で何するんだろうか…?」
と今度はたわいもないことが気になり始めてきてしまった。
あたしゃ、旨い焼肉にビールが飲めれば十分なんですけどね〜。

とにかく今日と月曜で仕事を片付ける事に専念せねば。。
[PR]
by higasia | 2007-09-08 09:49

土俵際には弱かったもんな‥

某スポーツライターが言っていた。
「相撲協会は高砂親方に丸投げし、高砂親方はモンゴルに丸投げして帰ってきた。」

「全責任を持つ」と断言し、モンゴルまで同行した師匠の高砂親方があっという間に日本に戻ってきた。
その理由が「朝青龍以外にも弟子がいるから」というから呆れて言葉が出ない。

療養施設と治療所に行き、朝青龍が入るであろう温泉も試され
記者会見では湯の温度や効能まで説明してらっしゃったとか。
でも師匠が本当にしなければならなかったのは、
振り向かない弟子に体当たりすることではなかったんでしょうか。
高砂親方は師弟関係の大きな溝を埋めるチャンスを
自らあっさりと手放してしまったようである。
これで相撲人気が落ちない事を祈るばかり。
       

【追伸】
高砂親方様。
某料理店で偶然お会いした時のあなたは傍若無人に振舞いとても威勢が良かった。
あの勢いがタニマチの前だけでなく朝青龍の前でも見せられていたら
こんな事にはならなかったかもしれませんね。
体と肝っ玉の大きさは必ずしも比例しないことがよくわかりました。
[PR]
by higasia | 2007-09-01 13:59 | 愚痴グチぐっちー