刹那主義にとって時間は大切なんです。
by higasia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
その日、その時が楽しければいい。
あの日あの時に戻りたいなんて思わないようにしたいね。

生きていれば色々あるけどさ。
カテゴリ
全体
ビジネスライク
お酒
マイファミリー
ショッピング
スポパラ
愚痴グチぐっちー
ヘルシー
movie
BOOKs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

この週末。

●土曜日は次男のバレー公式戦。
ベスト4に勝ち上がれば、地元テレビ局での放映が約束されていた
が、準決勝でまさかのストレート負け。
勝負事とはこういうものか。
息子も余程悔しかったのか、酎ハイを立て続けに飲んでたな…

ってか、あいつ高2じゃ…。

●夜はもちろん深夜のサッカーアジアカップの決勝戦にかぶりつき。
 李選手のアンビリーバブルのボレーシュートで優勝!おめでとう!
 この若さでこの強さ。
 次のW杯が楽しみだね~。
 私が選ぶMVPは長友選手。しかし岡崎も良かったなー。

●日曜日の朝、積雪が10cm越。
 寒い、そして眠たい。
 が、リキは待ったなしに起こしにかかる。
 しかも、何と仕事だったんだな…(泣)

e0006704_16451011.jpg
[PR]
by higasia | 2011-01-31 16:45 | マイファミリー

締めは『渚のアデリーヌ』で。

先日は取引先のM常務他数人と会食。

2軒目に寄った店は、Mさん行き着けとのこと。
ママさんが一人で切り盛りしているらしいその店には
ピアノが置いてあった。
聞くところによると、音大出のママがお客のリクエストに応じて
弾いてくれるらしい。

他のお客がいなくなり、私達だけの貸切状態となったところで
ママがピアノに向かった。

Mさんのリクエストでビートルズナンバーが始まった。
Mさんは英語がペラペラな上に、唄はプロ級ときてるから
嫌味抜きで感動する。
ピアノの伴奏だけで唄うってのも気持ちいいだろう。

そして一通り終わってから、私がリクエストしたのは
『渚のアデリーヌ』

楽譜を揃えると、あの懐かしいメロディーが始まり
私達はママの演奏に釘付けとなった。

この曲の思い出を綴りだすと長くなるので割愛するが
私にとっては忘れられない曲なんである。

また来てみたくなる数少ない店だった。
[PR]
by higasia | 2011-01-25 13:30 | お酒

積もったど。

予報通り週末やってきた寒波で
この冬初めての積雪(約25㎝)

眺めているだけならいいが、今日は月曜日。
仕事が待っている。
案の定、道路は大渋滞(鉄道も一部で不通で大変だったらしい)
1時間遅れの出社になってしまったけど、こんな日は仕方あるまい。

そんなことも知らず雪の大好きな我が家のワンコは尻尾を
グルグルと振り回して出動態勢。

勘弁してくれ〜
e0006704_18132194.jpg
[PR]
by higasia | 2011-01-17 18:15

今年の目標

プランのないものを実行するのは難しい。
だから、些細なことでもいいから目標を設定しようと思う。

1.果敢に攻めていく
2.人脈づくり
3.禁煙
4.ダイエット

1,2→いい歳してなんだが、引っ込み思案の性格を打破し、積極的に動き出そう!
 3 →1日から継続中。今回の決意は固い!    きっと。
 4 →何とか70㌔くらいには。(現在76.5)週1でジム通い

やったるでぇ~!
[PR]
by higasia | 2011-01-07 17:25

伯父さんとの別れ

母方の伯父さんが亡くなられたと連絡が入ったのは
2日の午前。
母からのメールだった。

近況を知ろうと、伯父の住んでいたM町へ兄の車で出掛けて行った母だったが
帰りを待っていた私に
「通夜は4日で葬式は5日に決まったよ。ヒガシ(私)は仕事なら通夜だけ出てくれればいいよ」
気丈に話してきた。

悲しみを抑えているのか、高齢が故に仕方が無いとあきらめが付いていたいのか
わからないが、じっくりと母を見てると
“老いたな…”と思えて仕方がなかった。

が、昨晩の通夜で棺越しに冷たくなった伯父を見ると、さすがに泣き崩れた。
「とうとう私だけになってしまった…」
これまで聞いたことのない母の弱々しい言葉は私の瞼まで重たくさせた。



私は伯父さんとも思い出が少なく、
新婚旅行のお土産を届けに行った時に、裏山で真っ赤に彩られた紅葉を見に
誘ってもらった事くらいしか覚えていない。

途中の茶店に着くや
「ここの田楽は旨い」といいながら、ビールを数本飲み交わしたことがある。

後になって思うと、ビール飲みたさに誘ってくれてたのかもしれない。
(伯父も酒好きだったから)

ご馳走になったから言うわけじゃないが、
20年たった今でも、あの味を超えた田楽には出会えていない。
(実はあまりの美味しさに数年後、嫁と出掛けたのだがその店は見つからなかった)

70を過ぎてパソコンとカメラを覚えたという粋な伯父さん。
もう少し、近くにいたらもっと時間を共有出来たのになぁと思うだけ
残念でならない。
84年も頑張ってきたんだから、ゆっくり休んでください。



どうでもいいが、
最近、葬儀に出ることが多くなった。

「年を喰った証拠だよ」と人はいうけど

なんだ虚しいなぁ。。
[PR]
by higasia | 2011-01-05 17:39 | マイファミリー